高齢者がポーカーを好む理由とは?

日々、多くの高齢者がギャンブルを楽しんでいますが、その大半は前期高齢者に分類されていることが統計で明らかになっています。この前提の下で、そもそもなぜ高齢者はギャンブルに魅力を感じるのかを紐解いていきましょう。その理由は単純に年齢にあるのでしょうか?年齢を重ねれば、誰もがギャンブルを好むようになるのでしょうか?

理由1:時間

学生は学校やパーティーに夢中、大人は常に働き詰めか家族と過ごしています。しかし引退後は、たっぷり自分の時間が持てるようになります。彼らは友人とゆっくり過ごしたり、テレビを見たり、テクノロジーについて学んだりしています。そんな中で、少数の人々がギャンブルを楽しんでいます。この行動はよく分かります。時間とお金に余裕があるなら、ギャンブルを楽しんでみてもいいのではないでしょうか?ギャンブルは楽しく時間を潰せて、様々な問題を忘れさせてくれるものです。 

理由2:単純さ

ギャンブルがすべて単純というわけではありませんが、スロットマシンは単純です。人は、頭を使わなくていい単純化されたものを好みます。スロットはとても簡単にプレイできるうえに、普通は大金を失うこともありません。おじいちゃんがポーカーに何百万円も賭けるなんてことは考えにくいですよね?

理由3:ノスタルジー

ギャンブル産業は非常に強力で、特に大きな成功を収めているカジノは特定のオーディエンスを引き込む方法を正確に心得ています。高齢者が「League of Legends」の試合でFakerに賭けるということはまずないはずです。しかし、彼らは若い頃にプレイしていた古いゲームをベースにした、ノスタルジックなスロットゲームには魅力を感じるでしょう。私たちは誰しもノスタルジーを抱くことがあります。ですからノスタルジックなスロットを嗜んでいる高齢者を批判する権利など誰にもありません! 

まとめ

年齢を問わず、誰もがギャンブル依存症になる可能性があります。すべてはその人の精神状態次第のため、依存とは無縁の人もいます。カジノは様々な手を使って高齢者をカジノに引き込もうとしていますが、高齢者はカジノがターゲットにしているグループのひとつに過ぎません。ゲームは誰でも楽しめるもの、という言葉がありますが、私たちとしてはゲームという言葉をギャンブルに置き換えてみてもいいのではないかと思います。

少なくとも、本記事でそのことを少しは証明できたのではないでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございます。今後もさらに記事を公開していきますので、ぜひ当サイトをフォローして最新情報をお受け取りください!